コンサルティングの種類を紹介

コンサルティングの種類

コンサルティングとは広義では「相談をする」という意味になり、様々な業種、業態では取引先の企業と相談をすることから、社名に「○○コンサルティング」とつける企業が多く、特にベンチャー企業にはこの傾向が強い。

実際にインターネットを使ってコンサルティングを検索すれば多くの企業名が検索結果として表示されるが、果たして目的としている「相談」をすることが出来る企業はどれになるのか判断するのが難しくなっている。

そこで、自社が何に対してコンサルティングを求めているのか明確にして、コンサルタント業務の中でも自社に適した企業を見つけることが重要になる。
見つけ出すには、コンサルティングの種類をハッキリとさせておく必要がある。

コンサルタント業を大きく分類すると3つに分けることが出来る。

・経営コンサルティング
・業務コンサルティング
・業種コンサルティング

の以上3つだ。

今までにも様々なコンサルティングの分類がされてきたが、今現在はこの3つが大きくコンサルタント業を分類する指標となるはずです。
自社にとって何のコンサルタントが必要になるかは、企業内の部署や経営方針などを解明していくことが必要になり、どこにコンサルタントしてもらうかを明確にする必要があるでしょう。





Copyright (C) 2013 New Consulting Information All Rights Reserved.